もみの気の南房総の美しい畑

こんにちは。
昼間の太陽のポカポカが嬉しい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

先日千葉の南房総の白浜にあるもみの気畑に渋谷店のみなさんと、上野店のみなさんで行ってきました(*^-^*)

岩場が自然の造形を感じさせる野生感があり
空の色を移す蒼い海は太陽が水面をきらきらと揺らめいていました。
道の脇には春にはお花が咲き誇る花摘み畑がいくつも連なっていたり。

もみの気の畑は海沿いのリゾートホテルの立ち並ぶ道を美しい山の方へ少し入ったところにあります。

裏に大きな森のある別荘には鶏が放し飼いになっていて、生き生きと暮らしています。
私は田舎育ちなので、鶏舎の臭いを知っていますが、もみの気の鶏たちは
全然臭くない事に驚いたのが第一印象。

ストレッサーを感じていないのか、とっても元気で、綺麗好きで木の上で寝る鶏もいたり
個性も様々でした(^-^)
ひよこたちもたくさん生まれていてみんなで抱っこして小さな命の温もりに感動です♪

沢山自然に触れてお土産話も盛りだくさんなのですが、今回はレモングラスのご紹介。

広大な畑の他にも大きなビニールハウスがあり、日当たりぽかぽかでジャングルのように
緑がっぱいに生い茂っていました。

その中で一メートルを超える程の力強い生命力を放っていたレモングラスを、勢いよく根っこから引っこ抜いてみんなにくばる会長!
レモングラスはイネ科の植物だそうで、葉は少しチクチクする手触りで簡単にはちぎれません。
葉を折ると生姜のようなスパイシーな香りが感じられ、レモンの爽やかな香りが鼻を抜けます。

こちらの新鮮な無農薬のレモングラスを根っこと葉っぱの部分に分けて…
根の上の白い部分はスープに入れたりして食せるそうです。

こうゆう仕事をするとき、心がほんとうに穏やかな温かい気持ちと
子供の頃の好奇心いっぱいのワクワクした気持ちに☆

おばぁちゃんが大根の葉をご飯のおかずになるように
炒めて出してくれたり工夫をしていた事を思い出し
自然の恵みに感謝して余すところなく大切に食していくことも大切と身に沁みました

葉はフレッシュなうちにレモングラスティーにしていただきました♪

素敵な体験をさせて頂けたので、大地のパワーをお客さまに施術を通して
お返し出来たらとおもいます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる