アーユルヴェーダ的理想の食事とは♪

こんにちは。
渋谷道玄坂店の梢です♪

今日は、アーユルヴェーダ的理想の食事法をご紹介します~!
ポイントは5つ☆

1,まずは自分の体質を知りましょう
アーユルヴェーダでは、3つの体内エネルギーであるヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)のバランスによって体質を判断します。ここで注意なのは、このバランス毎日(細かく言うと時間ごとに)変わるのです!
お天気のように変わるこのバランスに合わせて、自分に合う食事法を取り入れることがとっても大切です。

2,毎食、消化できる量を食べます
前の食事が消化され、お腹が空いてから食べることが大切です。
そして一日の中でも一番消化力が高いお昼にメインの食事を頂きます。
また胃の1/3は水分、1/3は食べ物、残りの1/3はあけておくことをおすすめします!

3,新鮮な素材で、作りたてのお料理を♪
料理には新鮮でできたてのもの、冷たいお食事は消化力が弱まるので、なるべく温かいものをいただきましょう。飲み物も温かいものを一緒にとると消化を助けます!

4,6つの味と良質な油をとりましょう
6つの味とは、甘味・酸味・塩味・辛味・苦味・渋味です。※全て均等に取る必要はありません
また良質な油も適度にとりましょう。おすすめはギーです♪
個人的にもみの気のギーは、甘くて珍しい香りがするので大好きなんです~!
是非お越しの際は香りを嗅いでみてくださいね。

5,幸せな気持ちで食べましょう!
ストレスを抱えていたり、怒りながら食べると消化力が低下します・・。
心を込められて作られたもの、好きな物(変色とは異なります)を満ち足りた気持ちでいただきましょう(^・^)
食べることに集中し、食事の時間は長すぎず短かすぎずが理想です!
(携帯を見ながらやテレビなども控えます)

今日のご飯から、ぜひ取り入れてみてくださいね♪
ご自身のドーシャがわからないという方は、お気軽にご相談ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる